blog みうらまなみクリエイティブルーム

みうらまなみクリエイティブルームの活動報告です。

2014年05月

神奈川県小田原市の老舗和菓子店・伊勢屋さんの
「どら焼き」のラインアップに、
「片浦レモンどら焼き」が新たに加わりました。
(パッケージのデザインを担当させていただきました)

片浦レモンどら焼きのパッケージ

小田原の農産品である「片浦レモン」は、
小田原柑橘倶楽部の地域振興サイダーや生ようかんをはじめ、
食材として様々なかたちで使われています。

今回の「片浦レモンどら焼き」は、
白あんの中に、たっぷりのレモン味がきいていて、
さわやかな味わいに仕上がっています。
片浦レモンどら焼きの断面

伊勢屋さんでは、通年販売しているベーシックなどら焼きに加えて、
季節ごとに、いろいろな味わいのどら焼きも楽しむことができます。

デザインを担当させていただいた
「ワンダーアップル」ジュースの商品ラベルには、
青森市の鳥でもあるふくろうが2羽、
シンボルキャラクターとして描かれています。

その2羽のふくろうが、
ねぶたの「ハネト」となって踊っているバージョンも新たに作り、
6本入り箱に貼るシールを制作させていただきました。
ワンダーアップル・ねぶたバージョンのシール

青森の観光施設に加え、
渋谷ヒカリエ8Fの「d47 design travel store」でも販売しています。
ワンダーアップル・ねぶたバージョン
 

「片浦レモンの生ようかん」に続き、
小田原柑橘倶楽部の商品ラインアップに
新たな仲間が加わりました。

「小田原キウイの生ようかん」です。
小田原キウイの生ようかん

神奈川県小田原市のキウイフルーツは、
1970年頃から栽培が始まり、
今では、小田原地域の果物としては、
みかん、梅に次ぐ収穫量があるそうです。

今回の商品開発にあたっては、
地元の農家さんからキウイフルーツを仕入れ、
老舗和菓子店の伊勢屋さんが
白あんベースのようかんに仕上げました。
小田原キウイの生ようかん・カット
甘さはひかえめで、ほのかな酸味もあって、
キウイの種のつぶつぶがいいアクセントになっています。

小田原柑橘倶楽部・生ようかんセット用熨斗
パッケージ箱のデザイン制作を担当させていただくとともに、
百貨店さんが夏の御中元用として
ようかん3本入りボックスを販売する際に使用する熨斗も
あわせてデザインさせていただきました。
(小田原柑橘倶楽部ならではの個性的な熨斗になりました)
 

このページのトップヘ